お香典

【仏教・神道・キリスト教】香典袋の表書きや渡し方・金額の目安を紹介

葬儀に参列する際には香典を持参しますが、表書きや渡し方のマナーがわからず、お困りになることもあるのではないでしょうか。今回は各宗教、宗派の香典袋表書きや香典の渡し方、金額の目安など、香典のマナーについてご紹介します。

仏教・神道・キリスト教の香典袋

日本のお葬式の多くは仏式で行われるため、宗教によって香典袋の種類が異なることをご存知ない方もいるかもしれませんので、ここでは宗教ごとに適する香典袋の種類をご紹介します。また同じ仏教でも、宗派によって用いるべき表書きは異なるため、宗派ごとの表書についてもご紹介します。

仏教

仏式の葬儀では、白黒または双銀の結びきり(かた結び)の水引が印刷されている香典袋や、本物の水引が付いている香典袋を使用します。各宗派の表書は以下の通りです。

 

御霊前 御香料 御香奠 御仏前
曹洞宗 ×
真言宗 ×
天台宗 ×
日蓮宗 ×
臨済宗
浄土宗 ×
浄土真宗本願寺派 ×
真宗大谷派 ×

「御霊前」は全ての宗派で使用できると表記されていることもありますが、浄土真宗では、亡くなった方はすぐに成仏すると考えられているため「霊」という概念がなく、「御霊前」は不適切ともいわれています。といっても、親戚以外の参列者が宗派を把握しているケースは稀であるため、一般参列者についてはそこまでこだわる必要はないでしょう。「御香料」「御香奠」は全ての宗派で使用できます。

キリスト教

キリスト教ではもともと香典は必要とされていませんでしたが、現在は白無地または十字架や百合の花が描かれている不祝儀袋を使用し、表書きは「お花料」「御花料」として持参することが一般的となっています。

神道

神道では黒白または双銀の結びきりの水引がついた不祝儀袋を使用します。仏教用の蓮の花が描かれた香典袋を使用しないよう注意が必要です。水引のない白封筒(郵便番号記入欄などのない無地のもの)を使用することも可能です。表書きは「御玉串料」「御霊前」「御神前」「御榊料」のいずれかとします。

香典の相場はどのくらい?

香典の相場は、故人との関係性や地域によって大きく異なります。一般的な目安は下記となります。

親戚

祖父母・・・・・・1~3万円
両親・・・・・・・4~10万円
兄弟姉妹・・・・・3〜5万円
その他親戚・・・・1~2万円

親戚以外

職場関係者・・・5千円程度
友人知人・・・・5千円〜1万円

あまりにも少額な香典や高額すぎる香典をお渡しすることは避けましょう。故人様との関係性によっては、連名で香典をお渡ししても失礼になりませんので、検討してみても良いでしょう。

香典を渡すタイミングやマナー

香典袋を直接かばんやポケットに入れて持ち歩くことはマナー違反となりますので、袱紗(ふくさ)と呼ばれる小さな風呂敷状の布に包んで持参しましょう。袱紗の選び方や使い方については香典やご祝儀を包む「袱紗」の選び方・包み方を解説をご覧ください。

式場に到着したら受付で袱紗から香典袋を取り出し、畳んだ袱紗の上に置いて受付の方にお渡しします。お渡しするお相手から見た時に表書きが読める向きで差し出し、「この度はご愁傷さまでございます」等のお悔やみの言葉を添えるようにしましょう。

葬儀に参列することができず、現金書留で香典を送る場合は、直接お渡しする時と同様に香典袋を用意して香典を納めます。短いお手紙を同封すると、お相手を気遣うお気持ちが伝わります。

まとめ

・香典袋は宗教や宗派によって種類や表書きが異なります。

・香典の相場は、故人との関係性や地域によって大きく異なります。あまりにも少額な香典や高額すぎる香典をお渡しすることは避けましょう。

事前相談、お葬式依頼は
群馬県桐生市周辺に9つの式場を完備する
あすかホールにお任せください。

関連記事

  1. 友引(ともびき)

    友引に葬儀はできるの?葬儀と友引の関連性を解説

  2. 葬儀の髪型マナーについて詳しく解説

  3. 「50代」の文字と草花の画像

    一人暮らしの方必見!終活を50代から始めるメリットとやるべきこと3つ

  4. 喪服を着てお参りをする男性

    葬儀の施主とは?喪主と何が違うの?

  5. 喪服を着た女性

    お悔やみの言葉とは?事例や宗教・宗派ごとの違いを解説

  6. 【画像】棺を前に悲しむ遺族

    無宗教葬とは?内容やメリット・デメリットを解説

  7. 喪服姿の男性と女性

    葬儀に参列する際の服装や服飾雑貨のマナーを解説

  8. お布施を入れる封筒

    お布施のマナーや相場とは?葬儀のお布施について解説します

PAGE TOP
/usr/home/aa1530um49/html