喪服を着た遺族

葬儀に参列する際の子どもの服装マナーとは?赤ちゃんのマナーも解説

葬儀に参列する際、大人は喪服を着用しますが、子どもはどのような服を着用すれば良いのでしょうか。インターネットで「子ども」「喪服」と検索してみても、カラフルな色のワンピースや柄物の服も検索されてしまって、どれを選べばマナーを守って参列することができるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は葬儀に参列する際の子どもの服装マナーをご紹介します

大人の服装マナーについては「葬儀に参列する際の服装や服飾雑貨のマナーを解説」をご覧ください。

制服がある場合のマナー

制服は学生の正式な礼装となりますので、小学校・中学校・高校いずれの学校の制服も、葬儀に参列する際に着用することが可能です。ただし、派手な色や柄物のリボン・ネクタイは外した方が良いでしょう。葬儀で制服を着用する場合、校則に定められている通り正しく着用します。

靴下はニーハイソックスやルーズソックス、くるぶし丈やくるぶしより短いものは避け、黒を選ぶことが望ましいと言えますが、白や紺でも問題ありません。

靴は白・黒・紺など地味な色のものを選びます。革靴や合皮の靴で光沢のないものが望ましいとされていますが、スニーカーを履くことも可能です。大人の場合、ローファーはマナー違反とされていますが、子どもの場合はローファーを履いても問題ありません。

制服がない場合のマナー

制服がない学校に通っている学生や幼児は、喪服を着ている大人たちの中で浮かないよう、落ち着いた色やデザインの服を着用しましょう。

男子

襟付きの白いシャツと、黒や濃紺など地味な色の長ズボンを着用します。黒や濃紺のブレザーを着用するのも良いでしょう。暑い時期は白いポロシャツに黒や濃紺の半ズボンを着用することも可能です。光沢のある素材はマナー違反となるので注意しましょう。

女子

白色で襟がついているブラウスと、黒や濃紺のスカートを着用するか、黒や濃紺のワンピースを着用すると良いでしょう。ただし、スカートやワンピースを選ぶ際は着丈に注意し、短すぎるものは避けた方が良いでしょう。黒や濃紺のブレザーやカーディガンなどを着用することも可能です。男子と同様に光沢のある素材はマナー違反となるので注意しましょう。

性別に関わらず髪の毛が長い場合は飾りのない黒のゴムで一つにまとめたりピンでとめたりして、礼をする時に髪が顔にかからないようにする必要があります。

靴下は黒を選ぶことが望ましいとされていますが、白や濃紺でも問題ありません。スカートや半ズボンを着用する場合はハイソックスを履き、肌の露出を抑えましょう。

靴は白・黒・紺など地味な色のものを選びます。革靴や合皮の靴が望ましいとされていますが、スニーカーを履くことも可能です。大人の場合ローファーはマナー違反とされていますが、子どもの場合はローファーを履いても問題ありません。

赤ちゃんの服装マナー

赤ちゃんを連れて葬儀に参列する場合、黒や紺などの落ち着いた色の無地の服を選びましょう。フリルのついている服や光沢のある服、柄物やキャラクターがデザインされている服は避けた方が良いでしょう。

まとめ

・制服は学生の正式な礼装となるため、小学校・中学校・高校いずれの学校の制服も、葬儀に参列する際に着用できますが、派手な色や柄物のリボン・ネクタイは外し、校則に定められている通り正しく着用する必要があります。

・制服がない学校に通っている学生や幼児は、襟付きの白いシャツと、黒や濃紺など地味な色のズボンやスカートを着用します。ただし、光沢のある素材はマナー違反となるので注意しましょう。

・赤ちゃんには黒や紺などの落ち着いた色のシンプルな服装が適しています。光沢のある素材、フリル、柄物、キャラクターデザイン等、派手な服は避けましょう。

事前相談、お葬式依頼は
群馬県桐生市周辺に9つの式場を完備する
あすかホールにお任せください。

関連記事

  1. お葬式に参列する遺族

    葬儀の喪主とは?喪主を担う人や役割について解説

  2. 喪服姿の男性と女性

    葬儀に参列する際の服装や服飾雑貨のマナーを解説

  3. 葬儀の持ち物

    お葬式に参列する際の持ち物とは?所持品マナーも解説

  4. 喪服を着た女性

    お悔やみの言葉とは?事例や宗教・宗派ごとの違いを解説

  5. 位牌

    戒名とはどんなもの?付けなくても問題ない?

PAGE TOP
/usr/home/aa1530um49/html